>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  >>  立田山昆虫図鑑へ  >>  立田山の昆虫目録トップへ
和名:オビカレハ
所属: チョウ目 カレハガ科 LASIOCAMPIDAE 学名: Malacosoma neustria testacea (Motschulsky)
形態: 成熟幼虫50-60mm、成虫開張40mm
食樹: ウメ、サクラ、モモ、バラ、ヤナギ等
分布: 北海道、本州、四国、九州、対馬、屋久島(原種はヨーロッパから日本・台湾まで広く分布)
生態: ウメケムシ、テンマクケムシとよばれ、葉を幼虫が食害する。枝に幕をはって集団ですんでいる。終齢になると分散し単独で食害する。枝上に黄白色の繭をつくる。年1回の発生である。成虫の発生期は5〜6月である。食樹の細い枝にリング状に卵を産む。卵で越冬する。
写真: 幼虫
写真: 成虫