>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  >>  立田山のきのこトップ

Lanopila nipponica (Kawamura) Y.Kobayashi オニフスベ

ホコリタケ科 オニフスベ属 未熟な時は食

草地、林内に発生する。球形または偏球形で、直径50cmに達する。表面は初め白いが、後に褐色になり、剥がれる。内部は初め白色だが、成熟すると綿屑状の胞子の塊になる。

戻る←