>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:オガタマノキ
所属:モクレン科 オガタマノキ属
学名:Michelia compressa (Maxim.) Sarg.
特性: 暖地性の常緑高木である。葉は有柄互生している。長楕円形、長さ5〜10cm、革質、上面濃緑色、光沢がある。 花は4月、枝端近くに腋生し、小形径1.5〜2cmである。白色、その基部に紅紫彩がある。果叢は10月に成熟する。各袋果は開裂して、なかには紅色の種子1個が垂れ入っている。
分布: 本州(関東中南部以西)、四国、九州、琉球
用途: 床柱、家具材、神社では神前にそなえる。庭木
備考: 神社などによく植えられている。幼苗時代寒さの害をうけやすい。移植はあまりよくない。肥沃な土地の深いところを好む。同属にはトウオガタマがある。さし木はできる。
 開花時期: 4月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: