>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:モミ
所属:マツ科 モミ属
学名:Abies firma Sieb. et Zucc.
特性: 常緑大高木。樹形端正、枝条は車輪状にでる。葉は互生、剛直、葉の先端は矢はず形にとがる。上面は濃緑色、光沢がある。裏面は帯白色、花は6月前年枝に腋生する。 雌雄同株。雄花は円柱形、黄色、雌花は長卵状楕円形、緑色。球果は緑色大形で長さ9〜13cm、径4〜5cm、翼をつけた種子は飛散する。
分布: 本州(岩手県以南)、四国、九州
用途: 建築材、パルプ材、包装材、庭木
備考: 日本産モミ属中最も暖地に自生している。深層の肥沃地で湿気の多いところを好み、稚幼樹は耐陰性が強い。ウラジロモミがよく似ている。モミ属にはこのほかアオモリトドマツ、シラビソなどがある。
 開花時期: 6月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: