>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:イヌビワ
所属:クワ科 イチジク属

学名:Ficus erecta Thunb.
特性: 落葉かん木であるが、時に半常緑にて高さ2〜4mである。樹皮は灰白色で平滑、幼枝は緑色、無毛で枝は細く長く粗生する。樹枝の切口より白色乳液を出す。頂芽は側芽より著大。葉は互生し有柄で、倒卵形または楕円形である。先端は鋭尖、基部は円形または浅心形で平滑。 雌雄異株。花は春季腋生である。果実は球形で腋生、双または単生にて暗紫紅色、食しうる。翌年6月に成熟するものもあり、年2回の熟期がある。小粒の種子を多く含む。
分布: 本州(関東以西)、四国、九州、朝鮮半島南部に産する。
用途: 実は食べられる。
備考: 昔はイヌビワのことをイチジクと称した。変種としてホソバイヌビワなどがある。
 開花時期: 
果実成熟期: 
写真上:
写真中:
写真下: 堅果