>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:エノキ
所属:ニレ科 エノキ属

学名:Celtis sinensis var. japonica Nakai
特性: 落葉高木。樹皮は厚く灰黒褐色で斑点があり、裂目は生じないが粗ぞうである。葉は有柄で互生し、広卵形で左右不同、先は鋭頭。上面は濃緑色、下面は淡緑色である。 雌雄同株。核果は小さく広楕円形。
分布: 本州、四国、九州、朝鮮半島、中国(中部)の暖帯および温帯に分布する。
用途: 材は建築材、器具材(ラケット枠外)、またケヤキの模擬材とする。果実は食用となる。樹木は庭園樹としても植えられ、往時は一里木として植栽された。
備考: 学名の japonica は「日本の」の意味である。和名エノキの意味は不明。日本で用いられている榎は和字である。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果