>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ブラジルマツ
所属:ナンヨウスギ科 ナンヨウスギ属
学名:Araucaria brasiliana A.Rich.
特性: 常緑、壮大な高木となる。樹幹通直、太い枝を水平にだし、葉は披針形、革質、先端はコウヨウザンに似て鋭くとがり、幹にもこのような針葉をつける。 球果は大形、球形、種子も大きく、ほぼクサビ形をしている。淡褐色。2〜3年で種子が成熟する。
分布: ブラジル南部
用途: 庭園樹、種子は食用
備考: 種子は乾かさないようにしてまきつける。熊本でもよく生育している。肥えた土の深いところが適地である。剪定するとよく萌芽する。本種より葉が細く、黒緑色をしているものにチリ−マツ(A. araucana K.Koch)がある。
 開花時期: 
果実成熟期: 
写真上:
写真下: