>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ナラガシワ
所属:ブナ科 コナラ属
学名:Quercus aliena Blume
特性: 落葉高木。樹皮は堅く黒褐灰色で不規則な裂目がある。葉は互生し長楕円形、先は急に尖り基部は鋭形をなす。葉身は大きく厚い。上面は濃緑色、下面は灰白色を呈する。 雌雄同株。雌花穂は新枝の上部の葉腋に1〜2個生じ、殻斗は椀形で浅く、縁は厚い。堅果は楕円形で褐色である。
分布: 本州(山形、群馬、北陸、東京都以西)、四国、九州、朝鮮半島、中国、インドシナ、タイなどの温帯、暖帯に広く分布する。
用途: 材は器具材、杭材などとする。
備考: 一名カシワナラ。学名の aliena は「親縁のない変わった」という意味である。和名のナラガシワはナラとカシワの中間みたいな形をしているから名づけられたものであろう。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: