>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:コナラ
所属:ブナ科 コナラ属

学名:Quercus serrata Thunb.
特性: 落葉高木で樹幹は通直。樹皮は灰黒褐色で浅く縦裂し、老木では深い。葉は有柄で互生し、葉裏は白味を帯び、淡褐色の軟毛を生ずる。葉身は倒卵形で先は鋭く尖り、濃緑色をなし下面は灰白色で横に伏した毛がある。 雌雄同株。雄花穂は今年出た枝の下部から出て垂れる。雌花穂は短く、新枝の上部葉腋から出る。堅果は楕円形で梗がある。
分布: 北海道(十勝、日高、胆振、後志、渡島)、本州、四国、九州(種子島まで)、朝鮮半島の温帯および暖帯に広く分布する。
用途: 材は建築材、器具材、土木用材、シタケ原木とし、樹皮は染料とする。種子は澱粉製造用および醸酒用とする。木は自然木保護用、庭木、公園用に植栽される。
備考: 一名ホウソ。和名コナラは「小さいナラ」の意味である。普通使われている楢は俗用字である。ホウソの語源も不明である。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 10〜11月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果