>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ナギ
所属:マキ科 マキ属
学名:Podocarpus nagi Zoll. et Moritzi.
特性: 常緑高木。樹皮は紫褐色、なめらか。表皮は不規則の鱗状に剥離する。葉は革質、対生、楕円形、中央脈がなく多数の平行脈がある。 雌雄異株。雄花は前年枝の葉腋に円柱形の穂状花を数個つけ、雌花も前年枝の葉腋に1個づつつける。果実は球形、種子の外種皮は白粉をおびた青白色。内種皮褐色。
分布: 本州(紀伊半島以南)から九州、台湾
用途: 材は皮付床柱、庭木、神社仏閣に多い。
備考: 実生でよく繁殖することができる。肥沃で土壌の深いところではよく生育する。ルビロ−ムシがつきやすい。枝を剪定して好みの樹形にすることもできる。ナギにはこのほかフイリホソバ種などの園芸品種がある。
 開花時期: 5〜6月
果実成熟期: 10〜11月
写真上:
写真下: