>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ウバメガシ
所属:ブナ科 コナラ属
学名:Quercus philyraeoides A. Gray
特性: 常緑小高木。成長はおそい。樹形は多く叢状をなし拡がっている。幼枝、新梢には淡紅褐色の星状毛が密生している。カシ類のなかでは、葉は最も小さい。葉質は厚く広楕円形、にぶい鋸歯がある。
分布: 本州(千葉県以南)、四国、九州、中国の沿岸地方も多い。
用途: 器具材、備長炭、庭木
備考: 京都、関西地方では庭木によく利用している。新芽の頃(うば芽)が美しく、刈り込みにもよく耐え、よく萌芽する。1962年4月、立田山実験林10は2林小班内の防火樹帯に定植した。この変種といわれるチリメンガシは葉がちぢれている。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 翌年10〜11月
写真上:
写真下: