>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:イチイガシ
所属:ブナ科 コナラ属
学名:Quercus gilva Blume
特性: 常緑高木。樹形壮大、直幹性、樹皮は褐色、外皮は片状に剥離する。葉は互生、革質、葉の上半分に鋸歯がある。下面および小枝に淡黄褐色の短星状毛を密生する。 雌雄同株。花は雄花穂は長く、新枝の下部から垂れ下がる。黄褐色で5〜10cm、雌花は新枝の上部の葉のつけ根につく。堅果は楕円形、長さ2cm、上部に褐白色の星状毛を密生する
分布: 本州(千葉以西)、四国、九州、朝鮮半島
用途: 建築材、車輌材、柄木
備考: 材は堅硬、緻密、木理整正、通直、割裂自在、強靭でカシ類のうち特にすぐれている。
 開花時期: 5月
果実成熟期: 10〜11月
写真上:
写真下: