>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:オニグルミ
所属:クルミ科 クルミ属
学名:Juglans mandshurica subsp. siedoldiana Kitamura
特性: 落葉高木。若木の樹皮は灰白色で平滑であるが、老木は暗褐色となり深く縦裂する。葉は大形で奇数羽状複葉をなし互生し長柄がつき、ほとんど対生で卵状楕円形、軟毛が生えている。 雌雄同株。果実はほぼ球形であり星状の腺毛がある。核は硬く厚い殻があって広卵形またはやや球形をなす。両面にしわがあり縫線はやや突出している。
分布: 北海道、本州、四国、九州の温帯に広く分布する。
用途: 材は建築材、器具材、彫刻材、下駄材などに使用される。樹皮は染料、駆虫剤とする。種子は食用、また種子をしぼってつくるクルミ油は食用のほかに強壮剤、せき止めなどの薬用とされる。樹木は、ときに庭木などに植えられる。
備考: 陽を好み、成長は早い。和名は「鬼グルミ」の意味で、核面に凹凸があり見にくいから、また大形のクルミを意味するものともいわれる。
 開花時期: 5〜6月
果実成熟期: 9〜10月
写真上:
写真下: