>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:アスナロ
所属:ヒノキ科 アスナロ属

学名:Thujopsis dolabrata Sieb. et Zucc.
特性: 日本特産の針葉高木で、樹幹は直立するが、ねじれたり、湾曲することが多い。樹冠は円錐形または鐘形をなす。樹皮は黒褐色で、葉は質厚く大きな鱗状をなし、小枝と細枝に交互対生し、先端は円形または鈍形を呈し、枝に密着する。 雌雄同株。花は小さく細枝の端に単生する。球果は球形で淡褐色に成熟する。
分布: 天然分布の北限は青森県、南限は鹿児島県の高隈山である。
用途: 材は建築材、器具材、土木用材などで、材の精油は薬用となる。木は庭園樹、生垣とする。
備考: 和名のアスナロは「あすヒノキになろう」という意味であろうというのは俗説で、アスの意味はよくわからないという。
 開花時期: 5月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果