>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ニオイヒバ
所属:ヒノキ科 クロベ属
学名:Thuja occidentalis Linn.
特性: 常緑針葉高木。樹冠は狭円錐形または円柱形をなし、枝葉はよく繁る。板根が著しい。樹皮は赤褐色または灰褐緑色をなし、老樹では浅く長く剥離する。葉は鱗片状をなし、卵形で鋭尖、下面は青緑色をなす。葉肉にパインナップルのような芳香がある。 球果は長楕円体で帯褐色をなし、種子は褐色で翼がある。
分布: 北米北部とカナダの原産。世界の温帯諸国に植栽されている。日本には明治中期にはいり、造園樹や見本樹として植栽されている。
用途: 材は建築用材、器具材、土木用材、船舶材で、葉から精油をとり薬用とする。
備考: 和名のニオイヒバは香りのあるヒバの意で、この木の芳香をとった名前である。
 開花時期: 
果実成熟期: 
写真上:
写真下: