>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ネズミサシ
所属:ヒノキ科 ビャクシン属
学名:Juniperus rigida Sieb. et Zucc.
特性: 常緑高木。葉は針状、素手でにぎれば刺す。3片輪生、上面に白色気孔線がある。老木になると樹皮は灰褐色となり、枝は水平に出て長くのび小枝は垂れ下がる。 雌雄異株。花は前年生枝の腋に単生する。雄花穂は楕円形、雌花は卵円形、球果は球形、肉質、香気がある。初め緑色で、あと紫黒色に熟する。なかに、3〜4個の角ばった種子が入っている。
分布: 本州中部以南、四国、九州
用途: あまり用材にはされないが、庭木、盆栽
備考: せき悪地などに自生している。この古木は社松、ムロなどといって貴重な盆栽になる。土地を選ばない。
 開花時期: 4月
果実成熟期: 翌年または翌々年の10月
写真上:
写真下: