>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:サワラ
所属:ヒノキ科 ヒノキ属
学名:Chamaecyparis pisifera Endl.
特性: 常緑高木。樹幹直立、枝条細く、水平に開出し、円錐形の樹冠をつくる。樹皮は赤褐色、縦の薄片となってはげ落ちる。葉はりん片状で先端がとがる。葉をつける小枝の裏面は白色である。 球果はヒノキに比べて小形、径5mm 、種子も小さい。
分布: 岩手県以南、秩父、伊那、木曾谷
用途: 建築材、桶板、建具類、庭木
備考: 木曾の5木の1つになっている(ヒノキ、サワラ、ネズコ、コウヤマキ、アスナロ)。下枝が枯れあがらないので特に生垣用として普及している。変種として、ヒヨクヒバ、シノブヒバ、ヒムロなどの園芸品種が多い。ヒノキよりやや湿気の多いところを好む。
 開花時期: 4月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: