>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ツガ
所属:マツ科 ツガ属
学名:Tsuga sieboldii Carr.
特性: 常緑大高木。樹皮は灰褐色で厚く、深く縦裂している。葉は線形、先端はかすかに凹む。上面濃緑色で光沢がある。下面には白色の気孔線がある。 雌雄同株。雄花は卵形、枝端に1個つく。雌花も小枝の先につく。長卵形、紫色。種子には翼があり淡褐色。
分布: 本州関東以西、四国、九州、朝鮮半島
用途: 建築材、パルプ材、庭園樹
備考: 適潤性の樹木であるが、やや乾燥する浅い土を好み、おもに尾根筋あるいは尾根に接する斜面に群生する。モミ、アカマツ、ミズナラ、ソヨゴ、ヤマグルマなどと混交する。類似のものにコメツガがある。
 開花時期: 4月頃
果実成熟期: 10月頃
写真上:
写真下: