>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ナギイカダ
所属:ユリ科 ナギイカダ属
学名:Ruscus aculeatus Linn.
特性: 常緑かん木。雌雄異株、根茎多肉。株立叢生となり、深緑色、葉のようにみえる三角形のものは葉状枝(茎が変形して葉のようになったもの)で先端は鋭く尖っている。葉はごく小形で鱗片状をなす。 花は、葉状枝の上面中央よりやや下方につける。帯緑白色、小形、果実はしょう果で球形、紅色、種子は1個。
分布: 地中海沿岸の南欧、北アフリカ。
用途: 庭木、切花
備考: 陰樹で下木や日陰の庭木として利用されている。土性は選ばないが、湿気の多いところを好む。多く株分けによって繁殖している。人畜の入って困るようなところに植え込むと防柵の用をなす。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: