>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ハナツクバネウツギ
所属:スイカズラ科 ツクバネウツギ属
学名:Abelia grandiflora Rehd.
特性: 半常緑かん木。枝は放任すると乱雑になる。やや枝垂れる。樹皮は灰褐色で薄片が剥げる。葉は対生、卵形、鋭頭、粗鋸歯がある。表面は油状の光沢がある。 花は長さ2cmばかりの鐘状、白色やや帯紅色。
分布:
用途: 花木として広く植えられている。
備考: 「アベリヤ」の名でよく知られている。シナツクバネウツギの園芸品種ともいわれている。日当りのよいところでは秋の紅葉も眺めることができる。さし木で繁殖される。7月頃、新梢を15〜20cmに切ってさしつける。よく徒長するので古枝は間引く。
 開花時期: 7〜10月
果実成熟期: 
写真上:
写真下: