>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ゴマギ
所属:スイカズラ科 ガマズミ属
学名:Viburnum sieboldii Miq.
特性: 落葉小高木。枝葉が密に繁る。樹皮は灰褐色、枝葉にはゴマのような香りがあり、ゴマギの名がある。葉は対生、質は厚い、上半部に鈍鋸歯がある。上面はしわ状をなし、葉脈が凹入している。下面には白い毛がある。 花は、頂生散房花序、淡黄白色、果実は、核果で長楕円形、紅色。
分布: 本州、四国、九州
用途: 庭木
備考: 自然には湿気の多いところに生育しているので、湿地性のところに適する庭木として利用できる。実生繁殖。花、実がガマズミ、ハクサンボクに似ているので、同じ取り扱いをする。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: