>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ハクサンボク
所属:スイカズラ科 ガマズミ属

学名:Viburnum japonicum Spreng.
特性: 暖地の山野、海岸に自生する常緑小高木。葉は対生、広い卵形、表面にはつやがある。葉の上半部に鈍い波形の鋸歯がある。 花は枝の先に集散花序の白い花をつける。楕円形の核果をつけ、熟すると赤くなる。花および葉は乾くと異臭がある。
分布: 本州(長門)、九州、台湾
用途: 庭木、生け花
備考: あまり土性を選ばない。乾燥にも強い。秋から冬にかけて紅葉し、赤い実とともに生け花などに利用されている。実生、さし木で繁殖。庭木として利用する場合、剪定は軽くして樹形を整える。
 開花時期: 3〜4月
果実成熟期: 10〜11月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果