>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:コバノガマズミ
所属:スイカズラ科 ガマスミ属
学名:Viburnum erosum Thunb.
特性: 落葉かん木。樹皮は帯灰紫褐色を呈し、幼枝は通常星毛密生、短毛粗生する。葉は対生し短柄、狭卵形または楕円形にて鋭尖、基部は鈍心などあり、上面は暗緑色、下面は星毛がある。 花は、頂生花序、5裂し、帯緑白色をなす。核果は紅色、卵球形である。種子は腹面に3背面に2縦溝がある。
分布: 本州(関東以西)、四国、九州、朝鮮中南部、済州島、中国に産する。
用途: 庭園樹として用いる。
備考: 変種に鹿児島県大隅地方で発見された「キリシマコバノガマズミ」などがある。
 開花時期: 5月
果実成熟期: 9〜11月
写真上:
写真下: