>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ニワトコ
所属:スイカズラ科 ニワトコ属
学名:Sambucus sieboldiana Blume ex Graebn.
特性: 落葉大形低木。樹皮は灰色で老樹では縦に裂目ができる。枝は質が柔らかく褐色の太いずいがある。葉は対生し、羽状複葉をなし、3〜5対の小葉がある。小葉は披針形または長楕円形で先は尖り、縁には細かい鋸歯がある。新芽を早春出す。 小枝の先に散房花序を出し、緑黄白色の小形の花を多数開く。果実は球形または楕円形の液果で赤熟する。
分布: 本州(各地)、四国、九州(対馬、種子島を含む)、奄美大島、朝鮮半島、中国の温帯および暖帯に広く分布する。
用途: 枝は鳥の留り木、葉は肥料、茎ずいは実験用、花、果実および茎は薬用とされる。
備考: 学名の属名は一種の薬器名であり、本属植物の材で造られるという。
 開花時期: 3〜4月
果実成熟期: 6〜7月
写真上:
写真下: