>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:クサギ
所属:クマツヅラ科 クサギ属
学名:Clerodendron trichotomum Thunb.
特性: 落葉大低木。樹皮は平滑で暗灰色または灰色をなし、円い皮目が目立ち、老木では縦に割れ目が出来て多少剥げ落ちる。枝はやや太い。葉には長い葉柄があり対生し、三角状の卵形をなし鋭尖頭で基部は丸い。 枝先に集散花序をつけ、先は5裂して平に開き、白色を呈す。果は丸くて、碧色をなし光沢があり、紫赤色の星状の萼を残存する。
分布: 北海道、本州、四国、九州、琉球、台湾、朝鮮半島、中国の温帯及び暖帯に広く分布する。
用途: 若い葉は食用となる。根葉は薬用にする。樹幹や根に入るクサギの虫は子供のカンの薬として賞用される。
備考: 運命の木と呼ばれるのは、この属の植物には薬用に供するものと有毒のものがあるので、この名が生まれたという。和名のクサギは「臭い木」の意味である。
 開花時期: 7〜9月
果実成熟期: 10〜11月
写真上:
写真下: