>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:アリドオシ
所属:アカネ科 アリドオシ属
学名:Damnacanthus indicus Gaertn. f.
特性: 常緑かん木で。枝は緑色で正しく両岐する。枝の変形である刺は細く鋭い。枝の岐点または葉柄の基部に生じ淡褐色、単生または双生し、葉と略同長である。葉は対生し、開生、殆ど無柄で卵形または広楕円形にて光沢があり、上面深緑色、下面稍帯白である。 花は、腋生または頂生し、1〜2花、花冠は白色で4裂する。核果は球形で紅色、翌春5月まで枝上に留まる。種子は2〜3個純白色である。
分布: 本州(関東以西)、四国、九州、対馬、琉球に産し、朝鮮半島南部、済州島、中国、印度に分布する。
用途: 紅実を賞し、庭木とする。朝鮮半島では葉枝を薬用に供する。
備考: アリドウシとは、この刺のあることによる。これを転じて「有り通し」と解し、また「9月に実生りて翌年まで持つゆえ、ありどほしという」。
 開花時期: 5月
果実成熟期: 9月
写真上:
写真下: