>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:クチナシ
所属:アカネ科 クチナシ属

学名:Gardenia jasminoides f. grandiflora Makino
特性: 常緑かん木。稀に小かん木である。葉は対生、稀に3片輪生、三角状托葉があり、長楕円形で厚質。 花は腋出、花冠は高盆形または鐘形で白色または帯黄色である。芳香に富む。果実は漿果にて橙黄色で、楕円形または卵形をなす。種子は扁平小粒が多数ある。
分布: 小笠原、本州(東海以西)、四国、九州、琉球に産する。台湾、中国に植栽されている。フロリダ、ハワイにも広く植栽される。
用途: 木は庭木、生け垣として用いる。果実は黄色染料、薬用とし、中国では花を茶の賦香料とする。
備考: 七香の一つと云われる。この果は熟しても口を開かないのでクチナシと説く人が多い。
 開花時期: 6〜7月
果実成熟期: 11〜12月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果