>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:キョウチクトウ
所属:キョウチクトウ科 キョウチクトウ属
学名:Nerium indicum Mill.
特性: 常緑小高木。枝は緑色で軟質、初め微毛がある。葉は3片輪生するも、1片と2片とが上下交互に並んでいる。殆ど無柄、線状披針形で鋭尖、狭脚、上面は光沢ある濃緑色で、下面は淡緑色である。 花は、亜熱帯以南では終年開花する。当年枝に頂生花序。八重花があり、特に芳香がある。紅花を常とするが、紫紅、淡黄、乳白色のものもある。枝葉、花、根共に有毒で、特に根の浸出液は駆除剤となる。果実は細い円柱形で、熟して褐色となる。種子は褐色の毛をつける。
分布: インド、ペルシャの産で、中国、欧州、日本に分布している。
用途: 街路樹などとする。
備考: 印度では「馬殺し」という。病虫害が殆どない。夏の花である。
 開花時期: 7〜9月
果実成熟期: 
写真上:
写真下: