>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:コバノトネリコ
所属:モクセイ科 トネリコ属
学名:Fraxinus sieboldiana Blume
特性: 落葉小高木。樹形はやや整っている。樹皮、枝灰褐色。葉は対生、奇数の羽状複葉をなす。小葉は2〜3双で長楕円形鋭い鋸歯がある。葉質はあまり厚くない。 雌雄異株。花は、小枝の先に円錐花序、白い花がむらがって咲く。果実は、翼果は倒披針形。
分布: 北海道、本州、四国、九州
用途: 有用な環孔材として野球のバット材
備考: 造園樹ではないが、花の時期には雪をかむったように咲くので、時には公園などに植えられる。肥沃な適潤地を好むが、乾燥にも耐える。トネリコの冬芽に比べてずんぐりと丸みがあり、よく区別することができる。北国では苗代の近くに植えて気象の目安にする。
 開花時期: 5月頃10月頃
果実成熟期: 
写真上:
写真下: