>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ヒトツバタゴ
所属:モクセイ科 ヒトツバタゴ属
学名:Chionanthus retusus Lindl. et Paxton
特性: 落葉高木。樹皮は灰黒色、縦に裂け、コルク質が発達している。葉は対生、楕円形、全縁、洋紙質。 雌雄異株。花は当年枝の先に円錐花序をつける。白色4弁花、香気がある。開花季は雪をかぶったように咲き、美しい。果実は肉質の核果で紫黒色、種子は尖頭楕円体で縦じわがある
分布: 本州中部、九州(対馬)、朝鮮半島、中国
用途: 庭木
備考: 東京青山外苑の「ナンジャモンジャ」(現在のものは後継樹)はこの木のことである。実生で繁殖するが、その年に発芽しない。成長は緩慢である。あまり土性を選ばない。
 開花時期: 5月頃
果実成熟期: 10月頃
写真上:
写真下: