>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:イボタノキ
所属:モクセイ科 イボタノキ属

学名:Ligustrum obtusifolium Sieb. et Zucc.
特性: 落葉低木。樹皮灰白色、葉は対生、長楕円形、鈍頭、全縁、やや厚い、枝葉にはロ−ムシがつき、イボタ蝋ができる。 花は、当年枝に頂生し、総状花序を立て、白色の小花をつける。果実は、しょう果、ほぼ球形、紫黒色、中に1個の種子を入れる。
分布: 北海道から九州、琉球に及ぶ
用途: 生け垣、モクセイ、ライラックの台木
備考: 海岸などの暖かいところでは半落葉となる。イボタチョウの幼虫が5月下旬〜6月中旬に葉を食害する。土地を選ばない。さし木がきわめて容易、類似のものにオオバイボタ、サイコクイボタ、また斑入りのものにオウゴンイボタがある。
 開花時期: 6月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果