>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ネズミモチ
所属:モクセイ科 イボタノキ属
学名:Ligustrum japonicum Thunb.
特性: 常緑かん木。枝は灰褐色、帯灰色で無毛である。葉は対生で有柄、楕円形または広卵状楕円形で鋭頭、鋭または円脚で、光沢のある暗緑色、下面は黄緑色である。 花は、三角状頂生円錐花序は直立し、白色である。果は紫黒色にて長楕円形をなす。円頭でネズミの糞の如し。種子は1個、扁倒卵形で暗褐色、香気がある。
分布: 本州(中部以西)、四国、九州、琉球、小笠原に産し、台湾、朝鮮半島南部に分布する。中国では上海、アメリカにも分布する。
用途: 木は庭園(上海)、生け垣(アメリカ)などとし、実は薬用とする。
備考: 病害虫に強く土性を選ばない。実生にて繁殖するのが普通である。
 開花時期: 6月
果実成熟期: 11〜12月
写真上:
写真下: