>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ネジキ
所属:ツツジ科 ネジキ属
学名:Lyonia ovalifolia var. elliptica Hand.- Mazz.
特性: 落葉低木または小高木。樹皮は灰褐色で縦に長い薄片となって剥げる。老木は樹幹がねじれ、幼枝は紅色で光沢がある。葉は互生し広卵形、または卵形で急鋭尖頭をなし基は丸く、下面に白毛がある。 前年枝の腋芽から花序を出し、花は一列に並んで下向きする。花冠は白色。さく果は円く無毛で胞背で開裂する。種子は細長い。
分布: 本州(宮城県以西)、四国、九州(種子島、屋久島を含む)の暖帯に自生する。
用途: 材は器具材などとし、紅色の幼枝は生花用とする。
備考: 和名のネジキは幹がねじれているからつけられたものである。
 開花時期: 6〜7月
果実成熟期: 9〜10月
写真上:
写真下: