>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ドウダンツツジ
所属:ツツジ科 ドウダンツツジ属
学名:Enkianthus perulatus Schneid.
特性: 落葉かん木。樹皮は暗紅褐色、平滑で光沢があり、枝は細く輪生し長さ不同、幼時は初め紅褐色後に灰褐色となる。葉は互生で枝端頂生し短柄、倒卵形または卵状楕円形で急鋭頭、狭脚、上面は鮮緑色、下面は帯青白色にて、秋は橙紅色に変ず。 花は、葉と共にまたは葉に先立ち開花する。花冠は卵状壺形で基部は緑色にて他は白色である。種子は褐色で翼がある。
分布: 本州(中部)、四国、九州に産し、九州では雲仙に多い。1870年英国、アメリカに入る。
用途: 生垣、庭木、街路樹などとする。
備考: アメリカに入ったものは葉が橙黄色に変ず。さし木で増殖する。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 7〜10月
写真上:
写真下: