>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:アセビ
所属:ツツジ科 アセビ属
学名:Pieris japonica D.Don
特性: 常緑低木。寒さ乾燥にも強く、ブナ帯の上部にもあらわれている。葉は互生し、広い倒披針形、幹は成木になるにつれて捻曲して堅い。複総状花序を頂生下垂する。 花はつぼみ状で白色、果実は、さく果。有毒植物である。家畜が食べないので、放牧地などに残っている。呼吸中枢の麻痺をおこすといわれる。
分布:
用途: 庭木、床柱
備考: 特に苗木は養成しないで、山堀りのものを仕立てて庭木に利用している。生長は遅いが、樹冠がよくしまって、樹の姿も整ってくるので、庭園樹に適する。あまり土地も選ばない。
 開花時期: 4〜5月頃
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: