>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:シャシャンポ
所属:ツツジ科 スノキ属

学名:Vaccinium bracteatum Thunb.
特性: 常緑低木。樹皮は赤褐色、老木になるとすべすべし、サルスベリ樹皮のようになる。葉は互生し、春先の新芽は紅色、卵状楕円形、革質、表面は光沢がある。全縁または細鋸歯がある。 花は、総状花序はやや下垂し、中に小葉あり、花は白、筒状卵形。球形のしょう果で、紫黒色、甘酸っぱく、生食される。
分布: 本州関東南部以西、四国、九州
用途: 根じめなどの庭木として利用される。
備考: 立田山実験林内に樹高6m、胸高直径40cmのものがある。土地は選ばない。剪定には耐える。春先の赤い新芽と、初夏の白い花が賞用される。
 開花時期: 6〜7月
果実成熟期: 11月頃
写真上:
写真中:
写真下: 堅果