>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:キリシマツツジ
所属:ツツジ科 ツツジ属
学名:Rhododendron obtusum Planch
特性: 常緑かん木。寒地では落葉する。葉は互生し、小枝の先に車状につく。基部にあるものは葉の両端が尖って、上部の葉に比べ大型である。2〜3cm上部のものは楕円形で1cm以下、葉の表、裏には細毛を粗生、秋から冬にかけて紅葉する。 花は、2〜3個を頂生する。花の色は橙赤色、果実はさく果
分布: 野生地ははっきりしていない。
用途: 庭木としてよく植えられている。
備考: 九州産ヤマツツジと同じくミヤマキリシマの交配種との説がある。霧島山、雲仙、阿蘇山にある細葉、小紅色のものはミヤマキリシマである。また、キリシマツツジは「クルメツツジ」ともいわれ、その品種が多い。
 開花時期: 5月
果実成熟期: 8〜10月
写真上:
写真下: