>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:リョウブ
所属:リョウブ科 リョウブ属

学名:Clethra barbinervis Sieb. et Zucc.
特性: 落葉の小高木。幹はなめらかで茶褐色、枝が輪状にでる。葉は互生し、広い倒披針形、鋸歯がある。 枝の先に総状花序の小さな白い花をつける。果実は球形、小形のさく果をつける。
分布: 北海道から四国、九州、朝鮮半島
用途: 新芽は食用になる。床柱、柄木
備考: 実生、さし木で繁殖する。向陽地など乾燥するようなところを好むが、あまり土地は選ばない。元々造園樹木ではないが、紅葉が美しく趣があり、雑木の庭木として好まれてきた。白い花がむらがり咲く姿も観賞できる。万葉集には「ハタツモリ」の名であらわれている。
 開花時期: 7〜8月10月頃
果実成熟期: 
写真上:
写真中:
写真下: 堅果