>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:カクレミノ
所属:ウコギ科 カクレミノ属

学名:Dendropanax trifidus Makino
特性: 常緑小高木。幹は直立する。葉は枝先に集まって互生し、質厚く、光沢がある。倒卵形2〜3の深いきれこみがある。 黒い実をつける。しょう果。
分布: 関東南部以西、四国、九州の暖地に多い。
用途: 庭木、造園用としては根締、下木など刈込みして株立状に仕立てられているものが多い。
備考: 山に自生しているものを山引きしてもよく根づく。さし木によって増殖される。立田山にまれに自生している。湿気に富む陰湿地などに多い。耐陰性が強く、剪定するとよく芽をふく。葉が三裂しているのを着た人の姿に似ているのでこの名がある。
 開花時期: 8月
果実成熟期: 11月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果