>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:タラノキ
所属:ウコギ科 タラノキ属
学名:Aralia elata (Miq.) Seemann.
特性: 落葉低木または小高木。樹皮は暗灰色をなし、浅い裂け目ができるが剥げない。枝は太く細かい刺針を著しく着ける。葉は互生し、大形で先端にむらがって生じ、大形の2回羽状複葉をなす。両面にやや堅い毛を疎生し、小葉軸には直立する鋭い刺がある。 茎の頂上に花序をつけ、帯褐色の縮毛があり、花は白色である。果実は球形で黒熟する。
分布: 北海道、本州、四国、九州、樺太、満州、朝鮮半島、アム−ル、ウスリ−、中国の暖帯、温帯、亜寒帯に広く分布する。
用途: 材は器具材、若芽は食用となり、美味である。
備考: 陽樹で日陰には育たない。材は軽く軟らかい。
 開花時期: 8〜9月
果実成熟期: 10〜11月
写真上:
写真下: