>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ヒメアオキ
所属:ミズキ科 アオキ属
学名:Aucuba japonica v. borealis Miyabe et Kudo
特性: 常緑かん木。アオキに比べ葉は小形で光沢がある。鋸歯も浅くにぶい。長楕円形で先端は鈍く尖っている。対生、若葉葉柄に微毛がある(アオキは無毛)。枝の先ではやや輪生になる。枝は青い。 雌雄異種、果実は赤く熟する。アオキに比べ小形。
分布: 北海道(西南部)、本州(日本海沿岸)
用途: 庭木
備考: 山本 常喜 氏が1959年8月能代営林署管内に出張したとき採集したもの。また1965年11月(島根県)大山の中腹あたりのブナ林の下木に多く自生し、赤い実をつけていた。陰樹で湿気の多い日陰、半日陰地がよい。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 11〜12月
写真上:
写真下: