>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:アオキ
所属:ミズキ科 アオキ属
学名:Aucuba japonica Thunb.
特性: 常緑低木。全株無毛。枝は太くて丸く、2分枝して緑色を呈する。葉は対性し、長楕円形または卵状長楕円形である。上面は光沢があり、縁にあらい鋸歯がある。 雌雄異株。小枝の先に円錐花序をつけ、紫褐色の花を開く。果実は楕円形で赤く熟する。
分布: 本州(宮城県以南)、伊豆七島、四国、九州、琉球、朝鮮半島の暖帯に分布する。
用途: 材は箸、杖、小細工ものなどに利用される。葉は牛馬、山羊などの飼料とし、また薬用とする。木は庭木として賞用される。
備考: 和名アオキは「青木」で、枝が青いことから名付けられたものである。
 開花時期: 3〜4月
果実成熟期: 年末から翌春
写真上:
写真下: