>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:スラッシュマツ
所属:マツ科 マツ属
学名:Pinus elliottii Engelm.
特性: 常緑の針葉高木。樹皮は赤褐色、鱗片となり剥離する。葉は、通常3個束生するが2個束生することもある。 雌雄同株。球果には短柄があり、円筒状卵形で、種鱗はテ−ダマツほど突起せず、先端は針状に鋭くとがる。種子は菱形で暗褐色をなす。
分布: 北米東海岸に天然分布する。(南カロライナ−、フロリダ各州、キュ−バ島にわたって分布する)亜熱帯性のマツである。
用途: 材は建築材、器具材、土木用材、船舶材などに利用され、松脂も採取される。
備考: スラッシュマツは、この植物の英名をそのまま日本語に訳したものである。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 翌年10月
写真上:
写真下: