>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ギンバイカ
所属:フトモモ科 ギンバイカ属
学名:Myrtus communis Linn.
特性: 常緑かん木。葉は対生または三片輪生、短柄で卵形または披針形、鋭頭で全縁または暗緑色で光沢が多く、葉肉に香気がある。 花は、単生、腋生で純白または帯紅白色、芳香あり。果実は青黒色。小球形または短楕円形である。種子は7〜9個で扁平、中央部は褐色である。
分布: 地中海沿岸地方、北アフリカより西南アジア、イラン、アフガニスタンに産す。フロリダに入って生垣とする。明治末年日本に入る。
用途: 果肉は甘く、生食または乾果として利用する。
備考: アダムがエデンの花園を逐われた時、この種子を身につけて世界に広げたと云う。西欧では結婚式に神聖な愛の象徴とする。ヴィ−ナス神に捧げる花もこれである。
 開花時期: 5〜7月と秋
果実成熟期: 
写真上:
写真下: