>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:キバナミソハギ
所属:ミソハギ科 キバナミソハギ属
学名:Heimia myrtifolia Cham. et Schl.
特性: 落葉かん木。高さ1mあまり、株立状になる。樹は細い、葉は対生、披針形、全縁。 花は、葉腋につく。小形、黄色、小弁花を平開する。さく果は球形で、種子は小さい。
分布: ブラジル原産。
用途: 花木
備考: 和名は黄ミソハギに似て黄花であるという意、向陽地で乾燥地にもよく生育する。土地は選ばない。株分けでも繁殖できるが、下生えがたくさんできるので、これを移植してもよい。一旦植えつけておけば、あまり管理もいらない。
 開花時期: 6〜7月
果実成熟期: 10月頃
写真上:
写真下: