>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:イイギリ
所属:イイギリ科 イイギリ属
学名:Idesia polycarpa Maxim.
特性: 落葉高木。樹皮は灰白色または帯褐灰白色、平滑で大形の皮目がある。樹幹は通直にのび、大枝が車軸状に出て規則正しい樹冠をなす。葉は有柄で互生し、枝の上部にやや束生状に出る。上面は緑色で光沢があり、下面は粉白色である。 雌雄異株。枝の先に円錐花序を出し下垂し、萼片は緑黄色で5個、花弁はない。果実は球形で橙赤色に成熟する。種子は卵状楕円形で小さく多数ある。
分布: 本州(大部分)、四国、九州(対馬、種子島、屋久島を含む)、奄美大島、琉球、台湾、朝鮮半島、中国の暖帯に広く分布する。
用途: 材は器具材、下駄材などとする。樹木は庭木および街路樹などとする。
備考: 和名イイギリは飯桐の意である。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 10〜11月
写真上:
写真下: