>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:エチナ−タマツ
所属:マツ科 マツ属

学名:Pinus echinata Mill.
特性: 常緑の針葉高木。樹形は広円錐形または球形をなす。樹皮は暗褐色で厚く、鱗片となり剥離する。樹幹から不定芽を出す性質がある。葉は、通常2針であるが、幼木では3〜4針で暗青緑色である。 球果は円錐形でやや下向きにつく。種子は小形で角状卵形、翼がある。
分布: 北米東海岸の原産(ニュ−ヨ−ク州、ニュ−イングランド、フロリダ州、テキサス)。欧州、日本などに試植されている。
用途: 材は建築材、器具材などで、現地では堤防の土止めなどに植栽されている。
備考: 軽い粘土質のところを好み、軽い土性の岩石地や荒地にも生育する。和名のエチナ−タマツは、学名の種小名を日本語として採用し、マツをつけたものである。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 翌年10月
写真上: 花 (高木のため撮影困難)
写真中:
写真下: 堅果