>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ツゲ
所属:ツゲ科 ツゲ属
学名:Buxus microphylla Seib. et Zucc.
特性: 常緑低木または小高木となる。小枝は角ばる。葉は無柄、対生し、革質、光沢があり全縁。 淡黄色の細花を数個束生して開花する。中央に雌花を生ずる。果実は、さく果をつける。種子は6個、光沢ある黒色。
分布: 本州中南部、四国、九州、台湾
用途: 材は黄色、質が硬く密なため、くし、印材、算盤玉など、庭木、盆栽用
備考: 福岡県甘木市穂波町古処山(コショザン)のツゲ原始林は天然記念物として保護されている。伊勢の朝熊山(アサマヤマ)に因んでアサマツゲの別名がある。イヌツゲは葉が互生している(モチノキ科)。剪定にもたえるので、生垣境植えなどにも用いられている。
 開花時期: 3〜4月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: