>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ニシキギ
所属:ニシキギ科 ニシキギ属
学名:Euonymus alatus Sieb.
特性: 落葉低木。枝に褐色コルク質のヤハズ羽に似た翼をつける(1名ヤハズマユミの名がある)。葉は対生し、倒卵形、先は鋭く尖る。鈍い鋸歯がある。秋になると真紅に紅葉する(錦ニシキ木の名がある)。 花は集散花序、淡黄緑色の4弁花を葉腋につける。果実はさく果、種子は卵形、鮮紅色の仮種皮をかぶっている。
分布: 北海道、本州、四国、九州、
用途: 庭木
備考: さし木が容易。向陽乾燥地が適しているが、あまり土性は選ばない。剪定にもたえ、萌芽力も強い。近縁のものに、コマユミ、マユミがある。ニシキギのようなヤハズができない。
 開花時期: 6月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: