>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ナナミノキ
所属:モチノキ科 モチノキ属
学名:Ilex purpurea Hassk.
特性: 常緑高木。枝幹暗灰色、葉は互生し狭長楕円形、革質、平滑、疎鋸歯がある。 雌雄異株。花は、葉腋に小形の集散花序をつけ、小形、淡紫色の花を多くつける。雌花は小数、4弁花、果実は核果で球形、紅色、種子は4半球形。
分布: 本州(静岡県以西)、四国、九州、中国
用途: 九州では庭木としてよく利用され、低木にして赤い実を観賞するような仕立てかたがある(熊本市水前寺公園内)
備考: 立田山実験林にも多く自生している。。あまり土質は選ばないようであるが、立田山でも乾燥地には少なくない。この皮からもトリモチをとることができる。実生で繁殖する。雌木を求めるにはつぎ木による。
 開花時期: 6月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: